ロベルト・杉浦 & タンゴ・グレリオ「タンゴ~想いでの詩」(大阪:池田)

ロベルト・杉浦&タンゴ・グレリオ

11月15日、大阪府池田市のフェリーチェホールにてロベルト・杉浦(歌)、星野俊路(バンドネオン)、米阪隆広(ギター)によるタンゴ の演奏会が催された。南米で20年にわたり活動してきたラテン歌手による迫力のステージ。伝統的なタンゴからピアソラの先鋭的な作品まで幅広く取り上げた 充実したプログラムとなった。

【演奏曲目】
Ⅰ部
リベルタンゴ(ピアソラ)
レメンブランサ(メルフィ)
3年過ぎて(マリン)
エル・モティーボ(コビアン)
デカリシモ(ピアソラ)
マレーナ(デマレ)
花咲くオレンジの木(エクスポジト)
わが死へのバラード(ピアソラ)
Ⅱ部
カタリカタリ(カルディッロ)
忘れな草(クルティス)
下町のロマンス(トロイロ)
最後の杯(カナロ)
クリスタル(モーレス)
ラ・トランペーラ(トロイロ)
パシオナル(カルダーラ)
ロコへのバラード(ピアソラ)
(アンコール)ラ・クンパルシータ(ロドリゲス)

ギター、バンドネオンの哀愁の響きに乗せて繰り広げられる、ドラマチックな歌の数々。一般になじみの薄いタンゴ歌曲だが、ロベルト氏による曲の解説もあって、初めて聞いた観客もあっという間にタンゴの世界に引き込まれていった。(上堂尚子)

カテゴリー: 後援行事レポート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>