パブロ・マルケス ギターリサイタル(大阪:豊中)

2月6日(土)の18時より大阪豊中市服部天神の大野ホールにて世界の頂点に立つギタリスト「パブロ・マルケス ギターリサイタル」が行われた。プログラムは以下の通り。

第1部~
F.ソル/モーツァルトの「魔笛」から6つのアリア Op.19~僧侶たちの行進、女の奸計から身を守れ、ふたたびようこそ、なんと素晴らしい響き、心正しい人がすべてこんな鈴を持ったら、イシスとオシリスの神よ、
A.バリオス/フリアフロリダ(舟歌)、最後のトレモロ(神様のお慈悲に免じて
お恵みを)、ワルツ第3番Op.8、ワルツ第4番Op.8

第2部~
G.レギサモン/サンバ・デ・ロサーノ、精霊のカルナヴァリート、カーニバルのサンバ、収監者のチャカレーラ、神様の歌、マトゥラーナ(zamba)、
A.ヒナステラ/ソナタOp.47~Ⅰ.荘厳な前口上、Ⅱ.ファンタスティックなスケルツォ、Ⅲ.ラプソディックな歌、Ⅳ.フィナーレ
アンコール~
A.ヒナステラ/ミロンガ、
E.ファルー/カミーノ・アスカル(チャカレーラ)、
A.ピアソラ/ミロンガ

優雅で和声感の美しいソルの古典美、バリオスの甘い歌心、アルゼンチンの本場のリズムに満席のお客さんは酔いしれた。
翌、7日には茨木六弦堂六鳴館で7名の受講生、満席の聴講生を迎えてマスタークラスが行われた。(猪居信之)
 パブロ・マルケス-ギターリサイタル(大阪:豊中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です