井谷光明 ギターリサイタル(大阪:吹田)

7月22日(金)19時より吹田メイシアター小ホールにて「井谷光明ギターリサイタル」が行われた。井谷は第32回ギター音楽大賞にて最優秀賞、大阪府知事賞を受賞。その後、ドイツに渡りケルン音楽大学にてH.ケッペル氏に師事。現在はドイツのフランツ・リスト音楽大学修士課程にてT.M=ぺリング氏のもと研鑽を積んでおり、すでに多くの国際コンクールに入賞している。今回のリサイタルはドイツでリリースしたデビューアルバム「REVERIE」の発売記念コンサートでもある。
プログラムは以下の通り。
第1部~椿姫の主題による幻想曲/J.アルカス、ワルツOp.8-3/A.バリオス、ノクターン、序奏とカプリス/G.レゴンディ
第2部~シャコンヌ~BWV1004より/J.S.バッハ、ロッシニアーナNo.1/M.ジュリアーニ
アンコール~ブエノスアイレスの冬/A.ピアソラ、森に夢見る/A.バリオス
井谷の演奏は決して技術を見せ付けることなく、余裕を持った大きな音楽を聞かせることである。音色は空間いっぱいに広がり降り注ぐように美しい。帰国後の活躍が今から楽しみな演奏家である。(猪居信之)

井谷光明 ギターリサイタル(大阪:吹田)

カテゴリー: 後援行事レポート パーマリンク