茂木拓真・第44回ギター音楽大賞優勝記念リサイタル・レポート

2022年10月29日の土曜日、神戸ロッコーマンホールにて第44回ギター音楽大賞優勝記念「茂木拓真ギターリサイタル」が行われました。

コロナ禍の中、2回の延期を余儀なくされましたが、ようやく開催することが出来ました。


1部は最近ではコンサートであまり聞かれなくなったタレガの小品をホセ・ルイス・ロマニ
リョス(1974年、松、ハカランダ)で、2部は茂木さんが編曲したドビュッシーの作品を
軸にパウリーノ・ベルナベ(2018年、杉、ハカランダ)に持ち替えての演奏でした。


特にドビュッシーの一切妥協しない編曲と演奏は素晴らしいものでした。


ロマニリョスの表情の緻密なしまった音色、ベルナベの音量豊かな広がりが対照的で、音
響の素晴らしいロッコーマンホールに響き渡りました。


次回は2023年5月6日の土曜日に同じロッコーマンホールにて第45回記念ギター音楽大賞
2021 in すいた 優勝記念「福山日陽ギターリサイタル」を開催予定です。


最後になりましたがご来場下さった皆さま、ホールをご提供下さったロッコーマンの皆さ
ま、誠にありがとうございました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA