第43回ギター音楽大賞要項

 日時:2018年5月12日(土)、5月13日(日)

 会場エナジーホール (大阪府守口市)※地図
(京阪守口市駅 東口から徒歩2分 、地下鉄谷町線 守口駅 3番出口から徒歩8分)

◆ 審査員:足立由香理,猪居 謙,岩崎慎一,太田真佐代,奥野隆,加藤丈晴,
  田頭雅法, 谷辺昌央,永田参男,橋爪皓佐,服部 寛,藤村 良,益田展行,
  丸谷純一,米阪隆広
  (五十音順)

【申し込み方法】 オンラインでの申込みも可能です。
◆ 参加申込期間 2018年1月23日(火)~3月13日(火)(郵送の場合は当日の消印有効)
◆ 参加料振込先
*郵便振込 『ゆうちょ銀行 総合口座 14160-64941251 ニホンギタリストカイギ』宛
*ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振込をされる場合は次の番号にお振込下さい。
【店名】 四一八(読み よんいちはち) 【店番】 418 【預金種目】 普通預金
【口座番号】6494125
◆ 送付先/お問い合わせ
*〒533-0022 大阪府大阪市東淀川区菅原2-5-6
猪居ギター教室内 「日本ギタリスト会議事務局」宛 Tel:06-6324-2376
◆ 大賞部門1次審査課題曲はカセットテープ、MD、CD-Rに氏名と部門を明記の上、事務局まで郵送してください。 送付する前に、必ずオーディオ再生機器で再生できるかどうかを確認してください。極端に録音状態の悪いものは、審査の対象外となります。演奏を加工・編集した場合は失格となります。音源は返却いたしません。 メールでの送付(5MB以内)も受け付け可能です。【録音データの推奨ファイル形式:wav、aiff、mp3、aac(wma、m4a、mp4でも受付は可能)】
◆ 申込みと参加料の振り込みが確認できた時点で受け付け完了とします。

【課題曲・参加料・賞など】
①大賞部門

第一次予選
(録音審査)
3月中非公開にて審査
・課題曲…F.タレガ/プレリュード第1番(版指定なし)
画像参考:現代ギター社/タレガギター曲集3「前奏曲と練習曲集」中野二郎監修
・参加料 10,000円
タレガ前奏曲第1番
第二次予選
2018年5月13日(日)
・課題曲…F.タレガ/モーロ人の舞曲(版指定なし)
 画像参考:現代ギター社/タレガギター曲集1「オリジナル篇Ⅰ」中野二郎監修
・課題曲・自由曲合わせて10分以内(曲数・演奏順自由)
・参加料 5,000円
タレガ ムーア風舞曲
本選
2018年5月13日(日)

・課題曲…G.レゴンディ/エチュード第1番(版指定なし)
画像参考:「日本ギタリスト会議版」楽譜はこちらよりダウンロードできます。

・課題曲・自由曲合わせて20分以内(曲数・演奏順自由)

レゴンディ練習曲1番

※制限時間超過の場合は減点、演奏停止もある。曲間の調弦時間は含まれる。

第1位 賞金20万円      
賞状,トロフィー,大阪府知事杯(持ち回り),その他副賞
第2位 賞金5万円
賞状,トロフィー,その他副賞
第3位 賞金3万円
賞状,トロフィー,その他副賞
※最高位にはさらに大阪府知事賞(賞状),ギター工房SHOJI賞5万円,
JGA賞5万円が授与される。

【特典】 
◆大賞部門の1位受賞者はJGA音楽祭出演に推薦される。また本人の合意があれば「日本ギタリスト会議専門家会員」の資格を有する。
◆大賞部門の1位受賞者は受賞の翌年末までに日本ギタリスト会議が開催する大阪近辺でのリサイタルへの出演権を有する。


②リベラル部門 (予選・課題曲なし。複数部門への重複参加も可能。ただし自由曲の重複は不可)

各部

開催日

参加条件

演奏条件

参加料

ジュニア部門

5月12日(土)

小学生の部

6分以内の
自由曲
ジュニア部門は1曲のみ

7,000円

中学生の部

同上

7,000円

高校生の部

同上

7,000円

一般部門

5月12日(土)

年齢制限無し

7分以内の
自由曲

13,000円

重奏の部

5月12日(土)

2~4名

7分以内の
自由曲

二重奏13,000円+1人増
ごとに2,000円ずつ加算

合奏の部

5月12日(土)

5~20名
(指揮者を含まず)

同上

シニア部門

5月12日(土)

55歳以上の部

6分以内の
自由曲

10,000円

70歳以上の部

同上

10,000円

大学生部門

5月13日(日)

大学生、専門学校生、短大生、大学院生

6分以内の
自由曲

10,000円

【賞】金賞、銀賞、銅賞【賞状・楯またはメダル】、奨励賞【賞状】

※年齢、学年制限は2018年5月12日時点での年齢、学年による。
※予選・課題曲なし。参加条件を満たす部門には複数エントリーすることも可能。例:一般部門と大学生部門、シニア55歳以上と70歳以上など。
※いかなる部門においても自由曲の重複は不可。大賞部門の参加者が、大賞部門・課題曲を他の部門の自由曲として弾くことも禁ずる。
※曲の長短は採点に影響しない。
※重奏・合奏の部の編成はクラシックギター,合奏用ギター(アルト,バス,チェンバロギター,ギタロン等)に加え、コントラバスなど。
※合奏の部は演奏者と別に指揮者を立てることも可能。指揮者は演奏者の人数に含まず、参加料は無料。

カテゴリー: お知らせ, コンクール情報 パーマリンク